【考察】歯科でコロナの感染が起きていない3つの理由と当院での対策

3月 29, 2021 0 Comments

上述のとおり、歯科医師・歯科衛生士の感染リスク、加えて歯科医院内の感染リスクが高いと言われてきたにも関わらず、日本国内において歯科診療を原因とする感染の報告が一例も出されていない※1

※1:2020.12時点

その理由は、歯科において、感染の3因子である、①病原体の除去、②感染経路の遮断、③宿主の抵抗力増強 の3つに対して、従来から徹底した感染予防対策をしてきたこと、これこそが歯科診療で新型コロナウイルス感染症が起きていない理由であると、小林先生は話す。

①病原体(感染源)の除去:消毒の徹底

歯科医院では、一般家庭で行われるような、菌やウイルスの数を減らす「除菌」ではなく、次亜塩素酸ナトリウムや消毒用アルコールを用いて菌やウイルスを無毒化する「消毒」が徹底されている環境であった。

また、口腔内に使用する器具に対してはオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)などを用いた「滅菌」も徹底されていた。

②感染経路の遮断:標準予防策(スタンダードプリコーション)の徹底

標準予防策(スタンダードプリコーション:すべての患者のすべての湿性生体物質(血液、唾液、体液、分泌物、嘔吐物、排泄物、創傷皮膚、粘膜など)は、感染性があるものとして取り扱わなければならないという考え)を徹底し、普段の診療から常に感染のリスクがあるとして対応してきた。

具体的には、手袋、ゴーグル、フェイスシールドなど、個人防護具の常用がある環境であった。また、教育機関でもある大学病院では、アイソレーションガウン等の着用を行うなど、院内感染対策およびその教育の徹底が行われてきたことも一因として挙げられた。

③宿主の抵抗力増強:健康管理

歯科では早期に対策を講じ、診療前の体調や味覚、嗅覚の異常についての問診や、体温チェックを開始していた。また、体調が優れない患者さんはそもそも来院されないという場所でもあった。

当医院での、感染対策について

当院では、以下の通り十分なコロナ感染対策を実施しております。

  • ・スタッフ全員の毎日の健康チェック(検温)・消毒
  • ・ソーシャルディスタンスの確保
  • ・飛沫防止のアクリル板の設置

どうぞ安心してご来院下さい。

ご心配の方は、訪問診療も行っております。
無料で相談ができますので。いつでもご相談下さい。

詳しくはこちら

参考ページ

https://www.whitecross.co.jp/articles/view/1808

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です